Curvy Seashore

2020年1月の終わりに、Sax奏者の渡辺健士さんが新江古田の教室に来ました。
新たな顧客を創造すべくプロジェクトを練ったのですが、お互いの忙しさに加え、新型コロナウィルスの流行によりプロジェクトは一時停止を余儀なくされてしまいました。
未完成ではありますが、本HP上でもご紹介したいと思います。


“Curvy Seashore”はCreativePot Tokyoチャンネルで公開されています。
チャンネル登録お願いします!

この作品は昨年2019年に渡辺さんによって書かれた作品です。彼は神奈川県を電車で旅行していた際、車窓からの風景にインスピレーションを受けて本作を書きました。
下のMAP上にグリーンでマークされた路線は江ノ島電鉄という私鉄(通称:江ノ電)で、海沿いに藤沢と鎌倉を繋いでいます。実際の旅行の際にこの鉄道に乗ったそうです。
車窓からは美しい湘南の海が眺められます。


ちなみに私は静岡の三島出身で東海道線はよく利用しており、この曲を初めて聴いたときにこれは根府川〜湯河原あたりの海岸線の情景を見て発想したのではと思いました。
下のMAPは東海道線の根府川〜真鶴〜湯河原間をマークしたものです。特に温泉地でもある湯河原町は、古くから文人墨客の逗留先として有名です。


我々は、このレコーディングに合わせて実際に電車に乗って映像を取り集め編集して紹介しようとしていました。その風景とともにCurvy Seashoreを味わってもらいたかったからです。
ですがこの文書を書いている4月23日現在、都内の感染者は増え続けており、感染拡大防止に協力するため東京都外へ撮影に行くことは中止いたしました。

新型コロナ禍が収束した暁には、改めてロケに行ってきたいと考えています!

渡辺健士 プロフィール

サックス奏者。
1977年埼玉県生まれ。
東京理科大Modern Jazz Group出身。
大学院生の間、土岐英史氏に師事。

現在はロボット工学の研究者の傍ら、プレイヤーとしてライブ、バックバンドなどで演奏をする。
音楽・ロボット工学やその融合について日々研究三昧。

趣味は鉄道。

Official Site:https://kenshiwatanabe.tumblr.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です