音楽劇『道なき道』楽譜付きスクリプト

2022年初演『道なき道』の楽譜付き脚本を発売します!

作品紹介

『道なき道』は作曲家・ピアニストの2022年に髙橋悠之輔によって書かれた劇伴付き戯曲です。本作は芥川龍之介原作の戯曲「魔術」、オリジナルストーリーの「復活」に続く三部作の最終作品で、2022年11月にリーディング公演の形式で初演されました。

あらすじ

「道なき道」は、簡単に答えが見つからない複雑な世界を舞台にした物語です。この物語の主人公たちは、自分たちの運命や過去の影と向き合いながら生きています。

虚

魔術師である経読(きょうよみ)と夕星(ゆうずつ)は、世に蔓延っていた“人を奴隷として縛り付ける悪しき魔術”との戦いに、長らく身を投じてきました。ついに彼らの活動は結実し、旧い魔術は打ち砕かれ、魔術の世界には新しい秩序が生まれつつありました。そんな中、夕星の私淑する魔術師テンテルシウスが、何者かの手によって暗殺されます。

老術師の葬儀に出席した夕星と経読

彼は革命の精神的指導者として魔術師たちの戦いを支えてきました。彼は死の直前、引退を表明するメッセージを世界に向けて発信しようとしており、暗殺はその収録の夜に起こりました。

夕星は魔術の世界を合議制で決めていた評議会のメンバーでしたが、この事件を境に評議会を無視した単独行動に走るようになりました。暗殺の下手人探しに躍起になる夕星はついに禁じられた術、死霊術に手を染めるに至ります。

かつての戦友である夕星が死霊術に手を染めていることに、経読は気づいていました。いよいよ夕星は評議会を敵に回すに至りますが、経読は一計を案じ、夕星を庇います。しかしそのためには高い代価を支払わなければなりませんでした…。

老術師テンテルシウス・カントゥス・テネブリス

著者について

初演では夕星を演じた髙橋

髙橋悠之輔
都内を中心に活動する作曲家、ピアニスト脚本家。2000年以降は演劇、ミュージカルやオペラの脚本なども手掛けている。
2021年以降、アーティストのアライアンスであるCreative Garden “Core”の代表を務めている。

AI(ChatGPT)による作品寸評

「道なき道」は、高橋悠之輔によって書かれた、内面の葛藤と自己発見の旅を描く詩的な物語です。主人公の経読と夕星が古代の魔術を使いながら、運命や過去の影と向き合い、革命を目指す姿が描かれています。静かな日本の田舎にある単線の無人駅を舞台に、季節の移り変わりが登場人物の感情や心情を巧みに映し出します。ティンシャの音や詩的な風景描写が物語に深みを加え、読者に深い哲学的な問いを投げかけます。「道なき道」は、人間の存在の深層と日本文化の繊細な織り成しを理解したいすべての読者にとって、必読の一冊です。

※ 今回の脚本発売はChatGPT4.0による提案に始まり、翻訳からマーケティングまでChatGPT4.0によるサポートを受けています。

購入ページ

下記リンクから購入できます。
https://creativepot.jp/downloads/the-pathless-path/

この版には、完全なスクリプトと伴奏楽譜、さらに英訳が含まれていますので、読者も演奏者も内容を十分にお楽しみいただけます。PDF版のみの販売で、価格は¥3,000です。上演に関するお問い合わせは、Creative Garden “Core”までメールでご連絡ください。
creativepotekoda@gmail.com

紹介動画(初演アーカイブよりより抜き)

Creative Garden “Core”ではYOUTUBEチャンネルを運営しております。最新コンテンツ情報をお見逃しなく!チャンネル登録は↓こちら!
https://www.youtube.com/@creativegardentokyo3616

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です